ciguwerao

2020/01/29のことば

寺山修司は、自分がその流行歌を聞いたときの自分の状況を含めて分析しているんです。その歌によってどういうふうに自分をたて直したか、どういうふうにして自分がその音楽によって生きえたかということを語っています。

—鶴見俊輔「現代の歌い手」

続きを読む >>
| ことば | 23:55 | comments(0) | - |

2020/01/04のことば

少年老い易く学成り難し

続きを読む >>
| ことば | 01:17 | comments(0) | - |

2019/10/23の記録:メモ

日本シリーズの勝ち負けで、パリーグがセに追いつき、試合の勝敗では三つ勝ち越した。

物心のついた頃からパリーグの人間だった僕にとっては、自分が生きている間にそんな日が来るのかどうか、半信半疑の悲願であったのだが、案外あっさり実現した。

来年も勝ってシリーズも勝ち越してほしい。

その後はもういいや。

以上、多くの人にとってはどうでもいいことだろうが、僕にとっては大変重大なことなので、記念のためにメモしておく。

| 雑文 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/09/19の記録:Debian Jessie 64bitでrarを開く

先週のことだが、今使っているDebian Jessie 64bit LXDEの機械で、rarに封じ込まれた書類を開く必要ができた。

zipにしといてくれればいいのに、rarだと色々めんどくさい。

unrarだとかunarだとかいうアプリケーション(パッケージ)はすでにインストールしてあるのだが、なぜかうまく開けない。

普通にダブルクリックとか右クリックとかで開こうとすると、圧縮関連アプリケーションであるXarchiverのエラーとして次のような内容が表示される。

error while loading shared libraries: libstdc++.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory

"libstdc++.so.6" というファイルがないということなのだろうから、それをインストールすべくsynapticパッケージマネージャで "libstdc" を検索してみると、 "libstdc++6" というそれらしきものはすでにインストールされている。

ただし、 "libstdc" の検索結果を見ると "lib32stdc++-4.8-dev" だとか "libx32stdc++-4.8-dev" といったパッケージがあり、そちらはインストールされていない。

この機械は64bit版なのだが、字面を見ると32bit版のものが他にあり、そっちがインストールされていないためにうまくいかないのだろうと推測できたので、手当たりしだいに32とつく似たような名前のものをいくつかインストールしてみたのだが、うまくいかない。

結局googleに頼って、次のページを見つけた。

正解は "lib32stdc++6" だった。

わかってみれば一番シンプルであたりまえの名前だったが、"libstdc" で検索しても出てこなかったので、見つけられなかった。

見当は合ってたのに、自力解決できず残念だ。

久しぶりに記事を書くネタができたのは良かった。

| Linux関連 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/04/29のことば

雪浄胡天牧馬還
月明羌笛戌楼間
借問梅花何処落
風吹一夜満関山

—高適「塞上聞吹笛」

続きを読む >>
| ことば | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/03/19のことば

水緑山明閲幾朝
古陵寂寞草蕭蕭
多情秪有風前柳
飛絮随人過㶚橋

—竹添井井「㶚橋」

続きを読む >>
| ことば | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/03/03の記録:MacOSでWifiの設定変更(パスワード変更等)

ちょっと前にMacの機械で、Wifiの設定変更をしようとしてちょっと迷ったことがあった。

あいにく手元に最新のMacOSで動く機械がない(今マックミニでこの記事を書いてるのだが、なぜかMacOSでは起動できず、Windows10を使っている)ので、うろ覚えのまま、簡単なメモだけしておく。

Wifiの設定変更をしなくてはならなかったのは、Wifiルーターの方の設定を(他のパソコンを使って)変更したから。

ほんとはもう少し複雑なのだが、ここではさしあたりパスワードを変更したことにしておく。

ルーター側でそのような変更をした場合、過去にそのルーターにつないだことのあるパソコンでは、たいていのOSならば、Wifi設定のところで電波の飛んでるWifi一覧が出てくるので当該のルーターを選び、右クリックで「編集」みたいなことをすると出てくる画面でパスワードを設定しなおせばいい。

ところが最近のMacOSではルーターを選んでもその設定を編集する画面が呼び出せない。

右クリックしても「編集」みたいなことが出てこない。

== 翌日追記 ==

うろ覚えのまま書いたので説明が不十分でした。

ルーター(ネットワーク)を選べる場所は二カ所あります。

Wifiに関しては「設定」の「ネットワーク」の左の枠内にある "Wi-Fi" を選択した状態で設定するのですが、その画面右側にあるプルダウンメニューで接続可能なネットワークがずらずら出てきます。これが一つ目です。

二つ目は、同じ画面右下の「詳細」ボタンを押すと出てくるウィンドウの "Wi-Fi" タブにある「使ったことのあるネットワーク」という枠です。

そのどちらでも、当該のルーター(ネットワーク)を選んでクリックしても右クリックしても(過去に接続したことがあると)その接続方法の設定画面が呼び出せない、ということです。

======

パスワードを設定しなおすことができないまま、元の設定で接続を試みることになるので、当然ルーターにつながらない。

はたと困ったが、何のことはない。

そのルーターを選んだ状態にして、下の方にあるマイナスボタンでその設定を消してしまえばよい。

== 翌日追記 ==

これは、「使ったことのあるネットワーク」の話です。

======

その上で改めて、新しい接続、みたいなのを選んで(プラスボタンを押すんだったかな? うろ覚え)ルーターを選ぶとパスワードを聞いてくるので、そこで新しいパスワードを入力する。

== 翌日追記 ==

「使ったことのあるネットワーク」という枠の下のプラスボタンを押して出てくる画面で「ネットワークを選択」ボタンを押してもいいですし、最初の追記で触れたプルダウンメニューで当該のルーター(ネットワーク)を選んでもできます。前者でやるとネットワーク名を自分で入力する画面が出て戸惑う(別に入力しなくても良い)ので、後者の方が簡単です。

======

つまり今のMacOSでは、一度接続したルーターについて設定の変更はできないので、いったん設定ごと削除してから、改めてやり直す仕組みになっている。

変な仕組み。

| Mac関連 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/02/25のことば

山桜抱石映松枝
比並余花発最遅
頼有春風嫌寂寞
吹香渡水報人知

—王安石「山桜」

続きを読む >>
| ことば | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/02/04の記録:ダッシュボードに仮ナンバーを

思いがけず仮ナンバーをつけた車を走らせることになった。

それをしなきゃならない、となった際には、子供の頃から憧れていた、前と後ろの窓の隅っこに仮ナンバーを無造作に置いて日焼けした顔で車を走らせる苦みばしったおっちゃんになる日が、この俺にもついにやってきたのか、と、かなり胸が踊った。

が、そういうおっちゃんはいつの頃からか、歴史上の存在となってしまっていたようだ。

きちんと所定の位置に取り付けてくださいね、前のプレートは今ついてるものを取り外して、後ろは専用の器具をお貸ししますので封印の上からこの説明書のとおりに取り付けてください。

こちらの気も知らず、市役所の人はにこやかにそう言った。

味気ない世の中になってしまったものである。

きちんとしないとよろしくないことが起こりかねないのだろうということは、わからないではない。

しかしこうも世の中からフラというものが失われてしまうと、日々の生活から潤いが、奪われていってしまうように感ずる。

とはいえ、仮ナンバーなどというものには一切の縁を持たずに、豚のように幸福に死んでいく人も少なくはない昨今にあって、二日間、計5時間以上も仮ナンバーの車を走らせることができたのは、たいへん得難い経験となった。

これを誇りとして、胸を張ってこれからの人生を生きていこうと思う。

最後に実用的な情報を。

仮ナンバーは市役所や町村役場で借りる。経路上ならどこから借りても良い。

車の所有者との関係などは特に問われないようだ。

5日間が限度。期限内に返しに行かないといけない。

自賠責が切れている場合が多いと思われるが、その場合は自賠責に入り直したうえでないと借りられない。

自賠責はディーラーに行けば入れるようだが、僕自身は自賠責を扱っている街の保険屋さんに行った。
(大抵の場合即日発行してもらえるようだ)

自賠責の料金等は法律で決められているらしく、どこへ行っても値段は一緒。

車検を取るための仮ナンバーであれば、車検一回分の24ヶ月プラス車検を通すまでにかかる日数のために1ヶ月、計25ヶ月分入ると良いらしい。

僕は下取りに出すためだったので、最低期間の1ヶ月分入るつもりだったが、保険屋さんに事情を話したところ仮ナンバー専用の5日分の保険というのがあるらしく、そっちに入った。値段は1ヶ月分より800円弱安い5090円。

【参考:http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/resourse/data/ryouritsuhyo.pdf

その自賠責の保険証と、期限切れの車検証など、車体番号のわかる書類、免許証を持って役所に行く。

任意保険は、僕の場合他人の車だったので、自分の車の任意保険に付いている「他車運転特約」というのでカバーされる(保険会社に確認をとった)ため、特に新たに入る必要はなかった。

自分の車だと逆に面倒なことになりそうだが、どういう手があるのかはわからない。他車運転特約のついた保険に入っている同居の家族以外の人に運転してもらうのが一番手っ取り早そうだ。

(他車運転特約というのは同居の親族以外の人の車を運転する際に、自分の車と同等の条件で保証が得られるもの。このことがあるまで知りもしなかったが、たいていの任意保険に付いているらしい。もちろん要確認だが)

| | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

2019/01/10のことば

本当はリアルじゃないですよ。抽象絵画です。生卵が割れて、中から黄身や白身が落ちている瞬間を描いたシリーズがありますが、そんな瞬間誰にも見えない。

—上田薫(朝日のサイトの今日付けの記事「まるで写真、90歳の超リアル画家 絵は「目の錯覚」」から)

続きを読む >>
| ことば | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
  | 1/64 pages | >>>|
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode