ciguwerao

2017/10/25のことば

朝に佳き人と期をさだめしに
日の夕べなるまでたえて来まさず
嘉き肴も嘗めず
旨酒も杯を停めつつ
ことばを飛ぶ鳥にあずけん
余はたえがたしと告げよ
俯しては蘭のはなを折り
仰いでは桂の枝を結べど
佳き人の在まさねば
結びても何かは為む
従いきみは何ずこにゆきまし
かくて大海の隅に在ますとも
たえなるうみのかみに言をあずけ
きみに明やける珠をおくらん
つまだちて予は望み
歩みつ立ちつあしぶみすれど
佳き人は来まさず
何どたまゆらもたえしのぶべき

—曹丕「秋胡行」第二首

続きを読む >>
| ことば | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/09/25のことば

マブタヤリタシ、オユルシコウ

—稲垣浩、玉木潤一郎

続きを読む >>
| ことば | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/08/03のことば

牛の乳をのみてほしたる壜ならで挿すものもなき撫子の花

—長塚節

続きを読む >>
| ことば | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/07/15のことば

宿昔青雲志 蹉跎白髪年

—張九齢「照鏡見白髪」

続きを読む >>
| ことば | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/05/19のことば

これほど巨大で、しかも不健全な観念性をみごとに脱却した小説を、今までわれわれは夢想することもできなかった。

—三島由紀夫による北杜夫著『楡家の人びと』推薦文

続きを読む >>
| ことば | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/05/05のことば

清夜宮車出建章 紫衣小隊両三行
石闌干畔銀灯過 照見芙蓉葉上霜

—薩都刺「宮詞」

続きを読む >>
| ことば | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/02/25のことば

妾有羅衣裳 秦王在時作
為舞春風多 秋来不堪著

—崔国輔「怨詞」

続きを読む >>
| ことば | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/01/18のことば

完成した時は「全天候型多目的ドーム」という聞き慣れない言葉にフッと未来を感じたものだが、まさかコイツが野球観戦をここまで味気ないものに変えてしまうとは思いもしなかった...。

—サイト「球場巡礼」の東京ドームの項より

続きを読む >>
| ことば | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

2016/12/29のことば

私がどんな人間かを双極性障害が決めることはありません。私が双極性障害とは何かを決めるんです

—キャリー・フィッシャー(ハフィントン・ポスト28日付の記事「「私は双極性障害です」レイア姫のキャリー・フィッシャーは、心の病と闘う勇敢な戦士だった」 より)

続きを読む >>
| ことば | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

2016/12/14のことば

ある種のセクハラは私たちの文化として受容されてきたが、それが辱めに耐え続ける理由にはならない

—ブエノスアイレスの一市議会議員(時事ドットコム9日付の記事「セクハラに罰金=最高6800円、かつて大統領も−ブエノスアイレス」より)

続きを読む >>
| ことば | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
  | 1/21 pages | >>>|
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode