ciguwerao

<< 前の記事 | main | 次の記事 >>

2015/08/04の記録:mdashはつながるか

日本語の文章の中でダッシュを使うとき、これはウィキペディアにも書いてあることだが、棒線の長さをふた文字分にするのが通例になっているようだ。

棒線はエムダッシュかホリゾンタルバーを使う。

これを倍角にするのが本当だろうが、面倒なので二つ並べることで済ませたい。

そうなると、二つ並べた際に間に空白ができないか、つまりつながるかどうかが大事になってくるが、フォントによってつながったりつながらなかったりする。

いまどきの日本語文ではダッシュの使用はありふれたことになっているのだから、少なくとも日本語フォントにおいてはエムダッシュかホリゾンタルバーのどちらかでいいので、つながるようにするのがコンセンサスになってほしいところだが、そうはなっていないようだ。

以下、思いつく限りのフォントで、つながるか否かを試して見ることにした。スペース (emsp) の左がエムダッシュ、右がホリゾンタルバー。

== 2016/06/21追記 ==

罫線素片のU+2500(&#9472;)を使う場合もあるということなので、それも付け加えてみた。一番右。

—— ―― ── (Alfios)
—— ―― ── (Andale Mono)
—— ―― ── (Arial)
—— ―― ── (Bitstream Vera Sans)
—— ―― ── (Bitstream Vera Sans Mono)
—— ―― ── (Bitstream Vera Serif)
—— ―― ── (Century)
—— ―― ── (Century Schoolbook)
—— ―― ── (ChicagoFLF)
—— ―― ── (Comic Sans MS)
—— ―― ── (Courier)
—— ―― ── (Courier New)
—— ―― ── (Courier Prime)
—— ―― ── (DejaVu Sans)
—— ―― ── (DejaVu Sans Mono)
—— ―― ── (DejaVu Serif)
—— ―― ── (Droid Sans)
—— ―― ── (Droid Sans Mono)
—— ―― ── (Droid Serif)
—— ―― ── (FreeMono)
—— ―― ── (FreeSans)
—— ―― ── (FreeSerif)
—— ―― ── (Gelasio)
—— ―― ── (Georgia)
—— ―― ── (Helvetica)
—— ―― ── (Hoefler Text)
—— ―― ── (Impact)
—— ―― ── (Inconsolata)
—— ―― ── (Liberation Mono)
—— ―― ── (Liberation Sans)
—— ―― ── (Liberation Serif)
—— ―― ── (Linux Biolinum)
—— ―― ── (Linux Libertine)
—— ―― ── (Lucida Grande)
—— ―― ── (Menlo)
—— ―― ── (Merriweather)
—— ―― ── (Merriweather Light)
—— ―― ── (Merriweather Sans)
—— ―― ── (Monaco)
—— ―― ── (Noto Sans)
—— ―― ── (Noto Serif)
—— ―― ── (Playfair Display)
—— ―― ── (PT Mono)
—— ―― ── (PT Sans)
—— ―― ── (PT Serif)
—— ―― ── (Roboto)
—— ―― ── (Tahoma)
—— ―― ── (Times)
—— ―― ── (Times New Roman)
—— ―― ── (Trebuchect MS)
—— ―― ── (Ubuntu)
—— ―― ── (Ubuntu Condensed)
—— ―― ── (Ubuntu Mono)
—— ―― ── (Verdana)

考えてみれば日本語の文章の問題だから日本語フォントのほうが重要だった。以下日本語フォント。

—— ―― ── (Source Han Serif)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoPMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoExMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoPGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TakaoExGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAPMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAExMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAPGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (IPAExGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (VL Gothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (VL PGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Osaka)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Osaka−等幅)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Kaku Gothic ProN)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Kaku Gothic Pro)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Maru Gothic ProN)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Maru Gothic Pro)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Mincho ProN)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Hiragino Mincho Pro)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Yu Mincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Yu Gothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (MS Mincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (MS PMincho)
あいうえおかきく

—— ―― ── (MS Gothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (MS PGothic)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Meiryo)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源真ゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源真ゴシックP)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源真ゴシック等幅)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシックP)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシック等幅)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシックX)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシックXP)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源柔ゴシックX等幅)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源ノ角ゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (源ノ角ゴシック等幅)
あいうえおかきく

—— ―― ── (梅明朝)
あいうえおかきく

—— ―― ── (梅P明朝)
あいうえおかきく

—— ―― ── (梅ゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (梅Pゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (衡山毛筆フォント)
あいうえおかきく

—— ―― ── (衡山毛筆フォント OTF)
あいうえおかきく

—— ―― ── (UnBatang)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TTEdit鏡文字明朝)
あいうえおかきく

—— ―― ── (TTEdit鏡文字ゴシック)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Dejima)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Noto Sans CJK JP)
あいうえおかきく

—— ―― ── (Noto Sans Mono CJK JP)
あいうえおかきく

—— ―― ── (SourceHanCodeJP-Normal)
あいうえおかきく

—— ―― ── (SourceHanCodeJP-Light)
あいうえおかきく

もちろん、パソコンにそれぞれのフォントがインストールされていないとそのフォントでは表示されない。僕自身、今書いてみたものの、このパソコンには入ってないのであとで入ってるパソコンで確認しないといけないのもある。

HTML・CSSの記述の仕方で間違って、うまくいかないのもあるかもしれない。その点はご容赦願いたい。

ほかに思いついたらまた追加する。

そのフォントがインストールされていない場合、もしくはそのフォントにエムダッシュ・ホリゾンタルバーが用意されていない場合にはCourier New Impactで表示されるようにしてみました。Courier New Impactは大抵の環境でインストールされており、かつ、他と見分けが比較的つけやすいと判断したためです。 Courier New Impactもインストールされていない場合、それ以外の等幅フォントで表示されるはずです。【Courier Newよりさらに見分けのつきやすいImpactにしました。(2016/01/08)】

== 08/10追記 ==

うれしいことと悲しいことがあった。

うれしいことは本文と関係があるが悲しいことは関係ない、ただの愚痴なので、まずうれしいことから。

僕の主力日本語フォントであるところのTakaoExMincho、これまで気づかなかったのが迂闊なことだが、この記事の実験をやってみて、特にそのフォントに用意されていない場合にCourier Newで表示されるようにして、初めて気づいた、エムダッシュが用意されていなかった。

これはえらいことだと思い、僕のタカオフォントへの信頼が揺らぐところだったのだが、さっき、僕のパソコンに入ってるフォントのバージョンが古いのではないか、と気づいた。
(しらべてみたらバージョンは "001.01.01" だった)

そこで早速公式のところ(多分。リンク先間違ってたらごめんなさい)に行って、今年の3月に更新されたらしい最新の "002.01.01" を落としてきて、インストールした。

最初にやった環境はMac OSX on Mac Miniで、続けてLubuntu on EeePCでもやってみた。

Lubuntuではフォントも自動更新されるはずだと思っていたが、パッケージマネージャで見ると "fonts-takao" のバージョンは "003.02.01" (Ex単独のバージョンナンバーとは別立て)。これは、上のリンク先で確認すると2010年更新の古いもののようだ。実際/usr/share/fonts/truetype/に入っているフォントのファイルそのもののプロパティを確認しても、2010年が最終更新となっている。まあ、パッケージマネージャでインストールできるもののバージョンが古いのはよくあることではある。【この辺、情報収集が不十分で不確かな書き様になっていたので08/11に修正した】

そこでマックと同様リンク先からダウンロードしてきて手動でインストールした。

ともあれ、リンク先から落としてきたのをインストールすると、これまでCourier Newの長さの表示になってたのが、ちゃんと仮名二文字分のつながるエムダッシュで表示された。

バージョンが上がって、ちゃんとエムダッシュを用意してくれたんだと考えてよかろうと思う。

よかった。

ただ、今「仮名二文字分」と書いたところで気になって確認してみたのだが、実際には二文字分より心もち短くなっている。 TakaoPMinchoと同じになっているようだ。これは残念だ。人によってはアウト判定するかもしれない。(この点、わかりやすくするために改行してひらがなをつけてみた)

とはいえ、これまでよりは進歩したので、そのことはそのこととして寿ぎたく思う。

もしTakaoExMinchoをインストールしていて、上のエムダッシュの方(左側)の長さが短くがぶっとく(=Courier NewサイズImpactで)表示されてる方は、上のリンク先から最新バージョンを落としてインストールされることをお勧めします。【2016/01/08修正】

あとは愚痴。

悲しいこと。

これはもう半月ほどに前のことなるが、 Mac miniでサファリとファイアフォックスの両方を行ったり来たりしながら動画かなんかを見てて、ふと、機械が忙しそうに動いてるなあ、苦しそうだなあ、と思ったところでプン、とか言ってマウスもキーボードも効かなくなった。

そのときMac miniにつなげていたのは、モニタを除くと外付けハードディスクを直接一つ、電源つきハブを通してマウスとキーボード、もう一つの電源つきハブだったと思う。

一旦全部Mac miniから外して、電源も抜いたりして、つなげ直してみたら、ほかのは回復したのだが、フランスにいた頃にカルフールで10ユーロ弱で買って、大変愛用し、もう本当に手によくなじんで、これがなくなったら悪夢だな、これがなくなったときのことなど想像できないな、と思っていたマウスだけは回復しなかった。

(真ん中のやつ)

壊れてすぐはLubuntuのEeePCにつなげれば動いたので、なんかよくわからんがほとぼりが冷めたらMac miniでも動くようになるだろう、とタカをくくっていたのだが、そのうちEeePCでも動かなくなった。

僕がいじれる全ての機械で試してみたが、動かなかった。

お陀仏確定である。

痛恨の極みであったが、まあその痛みはもう乗り越えた。

マウスが一個足りなくなったので、電器屋でELECOMのを600円くらいで買ってきた。上の写真の左のやつである。

これ、写真でわかるように顔のマークがついてるが、それに惹かれたのではなく、その上に写ってるOM印のキーボードに色を合わせるために選んだのだが(ちなみに壊れたカルフールのやつも同様)、多少色が違って、あんまり揃えた感じにはならなかった。

が、それが悲しいのではない。

今日、Firefoxが更新された。その更新されたファイアフォックスでニュースとかを見ていたが、どうもホイールを回した際の動きがおかしい。

ゆっくり回すとほとんど動かず、急に回すと一気に動く。普通に回すと動くときと動かないときがある。

どうにもコントロールが効かない。

最初、ファイアフォックスが更新でいらんことしたせいかな、と思い、ついでOSXのいらん仕組みのせいかな、と疑ったが、試しにほかのマウスをつないでみたら、特別おかしなことはない。

このマウスの特性のようだ。

そういえば、このマウスにしてから一週間くらい経ったかと思うが、その間スクロールに苛立ったことがなんどもあったような気がしてきた。

新品のマウスだし、マウスを疑うことをしなかっただけで、不具合はとうに出ていたのだろうと思う。

今日、マウスのせいだということがはっきりした。

新品マウスでうれしいな、と、多少うきうきしていたのに、裏切られた思いである。がっかりである。

仕方なく新品マウスはiTunes専用の首振りiMac用に降格し、それにつながってたヴォトロオルの電器屋で買った聞いたこともないブランドの安物マウスをMac mini用で使うことにした。上の写真の右のやつ。

これ、表面がざらざらな感じに加工してあるんだけど、そういうのでよくあるように、経年劣化でベトベトする。

この時間が経つとベトベトするの、やめてほしい。ベトベトするくらいなら別にざらざらじゃなくて、つるつるでいい。というか、ベトベト云々に関わらず、そもそもつるつるで構わない。そういうの買うのが悪いんだけど。

それでも、ホイールでのスクロールがうまくいかないのに比べれば、ベトベトする方がマシだ、と、僕は判断する。

くやしいので、ダメだったマウスの型番を書いておく。 ELECOMの "MY-7UR" というやつ。Mac mini以外なら変じゃないかもしれないが、まだ試してない。また、この型の製品全てが悪いのではなく、僕のやつだけが悪いのかもしれない。とりあえず、僕の買ったやつは、僕のMac miniとはあわなかった。

| その他パソコン全般 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:59 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://ciguwerao.jugem.jp/trackback/468
トラックバック
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode