ciguwerao

<< 前の記事 | main | 次の記事 >>

2016/09/23の記録:Iceweaselを削除

Iceweaselとは何か。

ウィキペディアを見ればいろいろ書いてある。

事情をよく理解していなければなんのことやらわからないことが、世の中にはたくさんあるのだなあ、と感じさせる。

いずれにしても、Iceweaselというものの存在意義は失われたようで、今、Debianの機械にパッケージとして残っているIceweaselは過去の残骸というか、名残りのようなものだということ。

削除してしまって構わない。

パッケージマネージャでも、it can be safely removedという説明が出ている。

残しておいても別に大きな害があるわけでもないので、Iceweaselが好きだった、特にFirefoxがオレンジっぽいのに対して青っぽいところが気に入っていた僕としては、名残り惜しいのでこのまま残しておこうという気持ちがないではなかったのだが、悪いことにメニューに "Iceweasel → Firefox ESR" という残骸が表示されてしまう。

これの他に "Firefox ESR" も、それはそれで表示される。

実質同じものを二つ表示させることを僕は好まない。

デスクトップ環境はできるだけすっきりさせておきたい。

デスクトップエントリファイルをいじって表示されないようにはできるが、そこまでするのもなあ、という気がする。

そう思っていたところに、Firefox ESRの更新があった。

ご丁寧にも、Iceweaselも一緒に更新の候補に出た。

これって無駄だなあ、と思った。

削除する決断をした。

断腸の思いである。

実は、そうまで僕の心を揺さぶったIceweasel → Firefox ESRも、手動でならOperaの新しいのがインストールできることがわかってからは、補助的地位に降格されている。

と言っても、大切な補助だ。

何度か書いたことがあるが、僕はFirefoxを大変信頼している。

この信頼を前提にした上でのOpera使用だと思っている。

Operaは昔から大好きだが、その昔から、Operaはどうにも独り立ちさせるには心もとない。

僕はFirefoxを大変信頼している。

その上でOperaを使っている。

| Linux関連 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 15:22 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://ciguwerao.jugem.jp/trackback/541
トラックバック
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode