ciguwerao

<< 前の記事 | main | 次の記事 >>

2017/04/05の記録:フォント設定メモ

環境はDebian Jessie LXDE。

僕はPlayfair Displayというフォントを気に入っていて、
ホーム/.config/fontconfig/fonts.conf
という書類でこれはセリフフォントですよ、という指定をした上でセリフフォントの筆頭に置いているのだが、今日ちょっと用があってLibre OfficeのWriterをいじっていて、ローマ字仮名まじりの文を試しにPlayfair Displayで表示させてみたら、ローマ字はちゃんとPlayfair Displayになるものの、仮名の部分がセリフ=明朝で表示されず、サンセリフ=ゴシックのVL PGothicで表示されてしまうことに気づいた。

世界標準のセリフフォントであるところのTimes New Romanを指定した場合は、問題なく明朝フォントが使われる。

Playfair Displayがセリフフォントであるという指定がうまくいっていないと考えられる。

/etc/fonts/conf.d/
というディレクトリに "46-latin-plus.conf" という書類を作り、"45-latin.conf" に倣って

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>

<!--
  Serif faces
 -->
  <alias>
    <family>Playfair Display</family>
    <default><family>serif</family></default>
  </alias>

</fontconfig>

と書いてシステムを再起動してみた。
(その後いろいろ試しているうちに別にシステムの再起動は必要なく、Libre Officeだけ再起動すれば良いことがわかったが)

思ったとおり機能して、Playfair Displayがカバーしていない仮名の部分は明朝系の日本語フォントで表示されるようになった。

これはこれで良いのだが、できれば
/etc/fonts/conf.d/
をそのままいじるのではなく、ローカルの設定をしたいと思ったので、"46-latin-plus.conf" は削除した上で、ローカル設定書類であると思われる
/etc/fonts/local.conf
にまったく同じ内容を書いてみた。

が、これではうまく機能しない。

今回書いたような内容は、この書類では機能しないようだ。

そもそも、もともと使っていた
ホーム/.config/fontconfig/fonts.conf
という書類は "local.conf" の個人設定版と言えるものだと思われるので、そっちで機能していなかったということは "local.conf" でも機能しなくて当然なのかもしれない。

これらの書類が機能するのはどういう場合なのかはよく分からんが。

もうひとつ、
/etc/fonts/conf.d/50-user.conf
という書類を見ると、
ホーム/.config/fontconfig/conf.d/
というディレクトリを作れば
/etc/fonts/conf.d/
でするような設定を個人設定としてできるっぽく思われたので、試しにそっちに "46-latin-plus.conf" を置いてみた。

が、これも機能しなかった。

結局おとなしく、
/etc/fonts/conf.d/
に "46-latin-plus.conf" を置くことにした。

ついでに、Playfair Display以外にも "45-latin.conf" で漏れているセリフフォントがあったので、全部 "46-latin-plus.conf" に書いておいた。

ところで、上で使った写真で (Source Han Serif) と書いてあるが、ここまでの内容にはSource Han Serifは全く関係ない。

何でこんなことが書いてあるかというと、昨日新しく出たSource Han Serifを試し、2015/08/04の記録を使って確認してエムダッシュがつながると喜んだのだが、MacのSafariでも試してみたら雲行きが怪しくなったので、いろいろ確認していたのが事の発端だから。

DebianでもMacでも、Operaなら2015/08/04の記録の(昨日新たに付け加えた)Source Han Serifのところを見ると、ちゃんと一文字幅のきれいなエムダッシュが表示されるのだが、Safariでは、つながってるにはつながってるのだが、一文字幅ではない上にややぶっとく、きれいとは言いがたいエムダッシュが出てきてしまう。

OperaのきれいなエムダッシュはSource Han Serifのエムダッシュではないのではないか、という疑いが出てきてしまったのだ。

で、DebianのLibre Officeに2015/08/04の記録から当該部分をコピーして試してみたら、残念ながら、やっぱり無様なエムダッシュになってしまった。

(ちなみにMacのLibre Officeでも結果は同じ)

きれいなエムダッシュはSource Han Serifのエムダッシュではないと判断せざるを得ない。

ならこれは何なのか。OperaがSource Han Serifの別の文字、例えばホリゾンタルバーを気を利かせて呼んできてくれてるのだろうか。あるいは別のフォントから呼んできているのだろうか。

そもそもLibre Officeでの無様なエムダッシュも、Source Han Serifのエムダッシュなわけではないかもしれない。別のフォントのエムダッシュが表示されてるのかもしれない。そうだとすると可能性としては標準のセリフフォントのエムダッシュが呼び出されているのではないか。僕はPlayfair Displayを標準に設定しているはずだ。Playfair Displayならどう表示されるか。

という流れで、この記事の冒頭につながるわけである。

もちろん、Source Han Serifのエムダッシュ問題の解明は、一切進展していない。

| Linux関連 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:17 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://ciguwerao.jugem.jp/trackback/584
トラックバック
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode