ciguwerao

<< 前の記事 | main | 次の記事 >>

2017/06/14の記録:ちょっとした実験

久しぶりにフラッシュプレイヤーの更新があった。

このブログの右のメニューの下の方に、アドビのフラッシュプレイヤーのバージョン確認ページヘのリンクがあるので、どのような環境の方も最新のものになってるかどうか、確認されることをお勧めする。

それはそれとして、僕の場合Debianでは手動でアップデートしなきゃならんので、その作業をやった。

Firefox(その他)用の "flash_player_npapi_linux.i386.tar.gz" と、Opera(その他)用の "flash_player_ppapi_linux.i386.tar.gz" とを落としてきて、解凍した書類を適切なところに入れる。

そのやり方は前に書いたのでそちらを参照していただきたいが、前者の方は、解凍すると "usr" というフォルダができ、その中に "share" というフォルダがあり、さらにその中にはアイコンのたぐいが入っている。

大事なのは "libflashplayer.so" という書類だけでアイコンは別に毎回更新することもないのだが、今回はやっておこうと思った。

が、更新が久しぶりだったので、各種アイコンを
/usr/share/
以下に入れるんだったか
/usr/local/share/
以下に入れるんだったか、忘れていた。
(僕自身がどちらに入れてきたか、という話で、どっちに入れても機能はする)

確認してみると、どっちにも入っている。

前にやった時に、その時の気分で適当に入れたと思われる。

これも前に書いたが、自分でなにかインストールするときにはとりあえず
/usr/local/
以下に入れとくのがルールになってる様なので、こっちが正解と見て、今日はこっちにしといた。

これで更新完了なのだが、それはそれとして、上の二つの選択肢の両方に同じ名前の書類を入れた場合どっちが優先されるのかが気になったので、実験してみた。

予想では後者優先。

で、後者の方に入れた(更新した)
/usr/local/share/icons/hicolor/16x16/apps/flash-player-properties.png
と、同じ所に入ってた
/usr/local/share/icons/hicolor/16x16/apps/vivaldi.png
とで、名前を入れ替えてみた。

結果は次の写真のとおりで、vivaldiのアイコンがflashplayerのものになっている。

予想が正しかったということ。

まあそうだろうな。

以上、非常に個人的なメモ。

| Linux関連 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 19:34 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://ciguwerao.jugem.jp/trackback/589
トラックバック
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode