ciguwerao

2018/01/16の記録:苦悩と妥協

以下に幾枚かの写真をあげる。

僕の苦悩の程を察してくださる方がいらっしゃったならば、幸甚に思う。


(Opera)


(Firefox)


(Opera)

| その他パソコン全般 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

2018/01/09の記録:/usr/ local/ etc/ X11/ xorg.conf.dはダメだった

メモ。

試行錯誤の錯誤事例。

なんとなく2017/01/29の記録を読みなおしていて、この記事で
/etc/X11/Xsession.d/50-synaptics.conf
という書類を使っているのだけれど、自分でシステムをいじる場合、可能な限り
/usr/local/
以下を使うほうが良い、ということがあるので、試しに
/usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/
というディレクトリを作って、そっちに "50-synaptics.conf" を移してみた。

しかし、ダメだった。

この書類で設定した内容は、機能しなかった。

そうじゃないかとは思った。

/usr/local/
が機能する場合とそうでない場合について、もっと勉強する必要がある。

== 追記 ==

さっそく、前に記事を書いた時に参考にさせていただいた

という記事で軽く勉強(復習)をしました。

この記事には

/usr/local ディレクトリは、システム管理者がソフトウェアをローカルにインストールするために用いる。

と書いてあります。

つまり /usr/local 以下には、自分でインストールするソフトウェアの実行可能ファイルと、その設定ファイルが置かれるのであって、すでに入っているソフトウェア(今日いじったトラックパッドの動作を司るソフトウェアもその一例)の、設定ファイルだけを置く、というのは間違いになるのかと、現時点では理解しました。

この理解で正しいのかは心もとないですが、いずれにしても今日試したようなことは、/usr/local ディレクトリを設けた設計思想から言って見当違いなやり方なのだ(だから当然機能しない)と思われます。

| Linux関連 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/12/06の記録

(2018/02/27)

| 一枚写真 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/12/01の記録:LXDEでThunderbirdの固有のアイコンが表示されない

Debian LXDEの機械でメール用のアプリケーションとしてThunderbirdを使っている。

前に記事にしたように、OSインストール時にはIcedoveだったのが、(おそらく)Debianの都合でThunderbirdに自動で切り替わった。

Icedoveの頃はどうだったか最早忘れてしまったが、Thunderbirdになってからは、デスクトップ上ではメールソフト用の汎用アイコンで表示されてしまい、Thunderbird固有の、鳥が封筒を抱えて飛んでいるアイコンが表示されないでいた。

気に入らない。

気に入らないだけでなく、この機械でメールを確認しようとする度に、デスクトップの左下のメニューからThunderbirdを呼びだそうとして、つい、あの青っぽい鳥のアイコンを探してしまうのだが見つからず、多少間をおいてようやく、ああ、この機械では切手のアイコンのやつだった、と気づくという具合で、限りある人生の貴重な時間を無駄にしてしまってきた。

などと言いつつも半年以上ほったらかしてきたのではあるが、今日、思い立ってこの問題に手をつけることにした。

確認してみると、LXDEがデフォルトで使っているアイコンセットであるところのnuoveXT (2.2) のフォルダ
/usr/share/icons/nuoveXT2/(各大きさ)/apps/
の中に、 "thunderbird.png" というファイルは用意されているものの、それがメールソフト用の汎用アイコンであるところの "internet-mail.png" へのシンボリックリンクになっている。

Thunderbirdの固有アイコンの方は
/usr/share/icons/hicolor/(各大きさ)/apps/
の方に、 "thunderbird.png" という名前で置かれている。

対処の仕様としては、シンボリックリンクのリンク先を変える、hicolorの方の実体ファイルでnuoveXT2の方のシンボリックリンクを上書きする、いっそのことnuoveの方のシンボリックリンクを捨ててしまう(nuoveにないやつは自動的にhicolorのを使ってくれる仕組みなので)、などがある。

これらはすべてシステムの書類をいじっちまうやり方で、一番手っ取り早いのは最後の方法なのだが、最近僕はシステムの書類にはなるたけ手をつけない、という立場に立とうと思っている。

これらのやり方をするわけにはいかない。(もうすでにいろいろいじってしまってはいるのだが)

で、どうするかというと、
ホーム/.local/share/icons/
以下に
/nuoveXT2/(各大きさ)/apps/
というフォルダを作り、そこに
/usr/share/icons/hicolor/(各大きさ)/apps/thunderbird.png
へのシンボリックリンクを置く、というやり方をする。

"icons" 以下のパスを同じにして同名のアイコンを置いておけばそちらが優先されるようになるのだ。

「(各大きさ)」と書いたが、具体的にはThunderbirdは

  • 16x16
  • 22x22
  • 24x24
  • 32x32
  • 48x48
  • 64x64
  • 128x128
  • 256x256

と、都合8つの大きさのアイコンが用意されている。

この中には実際には使わない大きさもあるに違いないが、どれがそれかよくわからないので、一応全部やっておく。

シンボリックリンクの作り方は、LXDEの場合、ファイルマネージャであるところのPCManFMで
/usr/share/icons/hicolor/(各大きさ)/apps/thunderbird.png
を選択した状態にし、「編集メニュー>シンボリック・リンクを作成する」をやる。

すると、新しいシンボリックリンクを置くフォルダ(ディレクトリ)を選ぶダイアログが出るので左の欄でホームフォルダを選択するが、残念ながら不可視ファイルの ".local" は選択肢に出てくれないので、(左上の紙とペンのようなアイコンを押すと出てくる)「場所:」の右の空欄に
home/(アカウント名)/.local/share/icons/nuoveXT2/(各大きさ)/apps
と入れてエンターを押す。

これを各大きさについて繰り返す。

面倒くさい。

しかしやる。

最初、"apps" を忘れて各大きさのフォルダに直接シンボリックリンクを置いてしまったせいでうまくいかなくて、余計手間取った。

| Linux関連 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/25の記録

(2018/02/27)

| 一枚写真 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/24の記録

(2018/02/27)

| 一枚写真 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/21の記録:WindowsのOperaのアップデートがうまくいかない

取るに足らないメモ。

MacMini (late 2012) に入れてあるWindows10で、Operaのアップデートがうまくいかない。

通常であればOperaの左上のメニューから「Operaについて」をやれば、勝手にアップデートを確認してくれて、アップデートがあれば必要データを勝手にダウンロードして、準備ができたら「再起動してください」みたいなのが出て、それで再起動すればアップデート完了になるはず。

しかし、「Operaについて」をやったら勝手にアップデートの確認をしてくれるところまではいいのだが、通常よりも時間がかかった挙句、「アップデートを確認中にエラーが発生しました」と出てしまう。

いつからかよく覚えていないが、ひと月前くらいからそんな感じだったと思う。

で、今日までアップデートせずに来たのだが、いい加減アップデートしようと思って、Operaのサイトからインストーラを落としてきて、初めてのインストールと同じ要領でアップデートした。

バージョンは48.いくつから 49.0.2725.39 (stable)。

アップデートすればこの不具合も解消されると思っていたのだが、甘くなかった。

今試しに「Operaについて」をやってみたが、相変わらず「アップデートを確認中にエラーが発生しました」と出る。

解決法は今のところわからない。わかったら書こうと思うが、今日はめんどくさいので検索したりしないどく。

== 追記 ==

先ほどは確認不足で、アップデートしても不具合が解消されない、と書いてしまいましたが、「Operaについて」で出てくるタブを閉じてから「Operaメニュー>履歴>閲覧データの消去」をやり、再び「Operaについて」をやってみたところ、さっきまで「アップデートを確認中にエラーが発生しました」と出ていたところが「最新バージョンの Opera です」と表示されるようになりました。

(手動でアップデートする前にも同じ作業をしてみましたが、その際は「アップデートを確認中にエラーが発生しました」の表示に変化はありませんでした)

最新版をインストールしたばかりなのでアップデートがまだないので、実際にアップデートができたわけではありませんが、おそらくこれで不具合が解消されたと考えてよさそうです。

| Windows関連 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/11の記録:High Sierraに上げた

一昨日の晩のことだが、Mac Mini (Late 2012) でいつものようにソフトウェア・アップデートをやってみたら、High Sierraへのアップグレードのボタンが出てた。

High Sierraが出たのは結構前のことじゃないかと思うが、僕の使い方ではあまり利点があるようにも思えなかったので、なんとかして上げようとはしてこなかった。

そのように関心がなかったために今まで気づかなかっただけなのかもしれないが、少なくとも僕の記憶では、ソフトウェア・アップデートで簡単にアップグレードできるようには、これまではなっていなかったと思う。

それが、ワンクリックでアップグレードできるようになったので、やってみる気になった。

ボタンを押すと5ギガくらいのデータをダウンロードして、その後も何をやってるんだか知らないが進展するまでしばらく時間がかかったので、飯を食いに行った。

小一時間ほどして戻ってみたらアップグレードを開始するための認証画面になっていた。

認証するとアップグレードが始まったが、これもかなり時間がかかるようだった。

それでそのままほっておき、いつもより早い時間だったがやたらと眠かったこともあり、パソコンもいじれないことだし、寝てしまった。

当然だが、朝になったらアップグレードは終わっていた。

そんなわけなのでどれくらいかかったかはわからないが、アップグレードを開始してすぐに寝たわけではないので、それなりの時間がかかったと思う。

何か変わったことがあるかというと、よくわからない。

とりあえずハードディスクの空き容量が2ギガ弱増えていた。

使っているうちにたまってきていたキャッシュとかのゴミファイルがアップグレードで一掃されただけかもしれないが、いずれにしてもこれは評価したい。

それ以外はよくわからないので、気づいたら書こうと思う。

以上、メモ。

| Mac関連 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/06の記録

(2017/11/14/00:01)

| 一枚写真 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017/11/05の記録

(2017/11/14/00:00)

| 一枚写真 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
|<<< | 2/62 pages | >>>|
ciguwerao
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
qrcode